2016年10月21日金曜日

【Nintendo Switch】任天堂の新ハードの情報が公開!詳しい仕様と発売日、価格の予想 【ニンテンドースイッチ】


こんにちは、日文通信のRyouです!
Nintendoの新ハード「Nintendo Switch」がNintendo公式サイトにて公開されていましたので紹介させて頂きます。

■公開された公式サイトと発売日(予想)

「Nintendo Switch | 任天堂」
https://www.nintendo.co.jp/switch/index.html

(公式ホームページで詳しい動画が見れます)

公式ウェブサイトにアクセスすると
動画と写真があり、中央には発売予定月(2017年3月)が記載されています。

説明にはありませんが、Nintendoやゲーム業界の傾向を考えると恐らく
予定通り3月発売であれば「3月21日」が発売日だと思われます。
「3月1日」「3月20日」「3月25日」も可能性としてアリ。




■気になるハードの仕様・性能(見た感じと予想)

今現在(2016年10月21日)私が公式サイトを見た限りでは詳しい仕様や性能は公開されていませんでした。なので、画像と過去の製品の傾向からハードの仕様と性能を予想します。

NintendoSwitchの仕様(予想)
画面:9インチディスプレイ
最大内部解像度:3840x2160
映像出力:HDMI RCA
音声出力(携帯時):3.5mmジャック

その他
MicroSD対応 Wi-fi対応 Bluetooth対応 GPS内臓

画面は画像を見た感じではおおよそ9インチ程度の液晶ディスプレイ(または有機ELディスプレイ)。据え置きと携帯機の兼用機という性質からタッチ機能は恐らく無し。
内部解像度は現状、上げるのがそこまで難しくない(パーツの低コスト化が進んでいる)事から恐らくある程度の解像度はあるのではないかと考えられます。

それを裏付ける次の写真。


赤丸の部分ですが、排熱用の穴らしき物があります。
という事は恐らく本体内部にファンが内臓されているという事。

現在発売されているスマホやタブレットではいくら高性能機でも排熱用のファンがついている物なんて基本的にはありません。よって「その程度の性能では無い」という事が伺えます。

GPSがつくという予想ですが、これはスマホ用のGPS量産によるGPSの低価格化が進んでいる事とPokemonGOがヒットし位置情報を使うゲームの認知度と注目度が上がっている事から予想しました。

■気になる価格とパッケージ(予想)

気になる価格ですが、これも現状では公開されていません。
よって、ハードの性能や過去の傾向から予想します。

ハードの性能(予想)的には妥当な値段として「49800円」
ただし、これでは高すぎてメインの購入層には行き当たり辛いです。
それを考慮するなら「39800円」、または「36000円」
本気で戦う競争相手が出たりしても最安値はせいぜい28000円で止まるでしょう。
大昔にあったNintendo64とPlayStationの戦いはそれはもう、凄まじかった。


恐らく、いつも通り新作の「マリオ」と同時発売を行うでしょう。

現実的なパターンとしては

本体のみ「39800円」
本体+新発売のマリオのパッケージ「45000円」

と予想します。(あくまで予想です)

また、情報の公開のタイミングと予定の発売日から考慮する開発ペースや最近の傾向から考えると発売する「マリオ」はこれまでの過去の作品が何点か遊べるセットになったクラシックパックのような物になっている可能性が非常に高いです。

・現状ハードの画像のみでソフトの画像は出ていない事
・開発開始と言いだしてから今回の情報公開までにかなり時間があった事
・発売日が近くあまり猶予が無い事

これらから考えると

「ようやくハードが形になってきたばかりでソフトの開発にはまだほとんど手をつけていない」
「なのにソフト開発の時間もあまり無い」

と考えられます。
あるいは、ソフトがもし既にできているのであれば
「ソフトを新作として公開するのがつらい内容」という事です。
最新のハードを発表!って時に紹介動画がクラシックゲームの画面だと「お、おう」ってなりますから....

最近はクラシックゲーム注目度が一定数ある状況。
先ほど書いたようなことがNintendo Switchの開発チームで起こっているのであればクラシックゲームをそのまま最新のハードで遊べるように移植するのが一番手っ取り早く現実的です。

なので、発売される形としては
「Nintendo Switch + マリオクラシックゲームコレクションパッケージ 45000円」
というような感じになるのではないかと予想します。

他の予想としては

「Nintendo Switch本体」36000円
「Nintendo Switch + マリオクラシックゲームコレクションパッケージ 39000円」


というのもありますが、これは今後の展開次第です。現状ではハードはともかくソフトが弱すぎるのでハードが高すぎるとユーザーはWiiUも出たばかりだし嫌がって寄ってこないのではないかという考え方もできる。もし、他のメーカーがソフト発売についてあまり何も言って来なければこの価格になるかも。ただし、既にパートナー企業が一定数集まっているようなのでどうとも言えない。


■気になったポイント

画像と動画を見た上で、気になるポイントがあったので書いておきます。

■据え置きと携帯機の兼用機

家ではテレビに繋げて遊ぶ事もできて、テレビが家族に占領されている時でも単体で遊ぶ事ができる。さらに、外へ持ち出し友達と通信して遊んだりする事も可能な仕様。


本体とドック
ドックに接続している時は据え置ききとして遊べる模様
ドックから取り外した所



■つけたり外したりできるコントローラー「Joy-con」

ギャラリーを見ると「Joy-con」という名称のコントローラーが写っています。
脱着可能なようで、本体にとりつけてのプレイはもちろん。切り離して間に専用のグリップを付ければ本体を置いて少し離れた所からプレイも可能。左右を別々にすればそれだけで2人プレイもできてしまう模様。




■カートリッジ式のゲームソフト

ゲームソフトの提供には動画や画像を見る限りではカートリッジ式のようです。

カートリッジ式は光ディスクと比べ振動に強く読み込みも早く、物理的な耐久性も高いです。
デメリットは「コストがディスクに比べて高い」「生産に専用の機材を要する」「小さいので低容量なイメージがある」の3点くらいでしょうか。
今はフラッシュメモリの低価格化、大容量化が進んでいるのでコスト的にも容量的にも問題無く提供できる時代ですので時代に合った提供方式と言えるでしょう。




以上、現状公開されている情報を元に予想・まとめをさせて頂きました。

記事内の画像はNintendo公式ホームページからお借りしました。
記事は日本リョウソフトの記者「Ryou」が書きました。この内容は無断転載を禁止します。